マーケティングオートメーションツールの選び方のポイント

マーケティングオートメーションツールはとても多くあるため、どのようなツールを選択したら良いのかわからない方や複数の候補で迷われている方もいるでしょう。

マーケティングオートメーションツールを購入する際のコツの一つとして挙げられるのが機能です。機能が豊富にあればあるほどできることは増えると考えられるのが一般的になります。多くのマーケティングオートメーションツールには機能が豊富に搭載されていますが、企業が使用しない余分な機能が複数搭載されていると操作が複雑になることもあります。また、企業が使用する機能が搭載されていなければ企業が求めているマーケティングを実現できないこともあります。マーケティングオートメーションツールを選択する際には企業に適している機能が搭載されているツールを選択するようにしましょう。

その他のコツとしては操作が挙げられます。基本的に操作に関してはツールによって異なります。操作がわかりやすいものや操作が複雑なものもあるでしょう。運営者1人が使用するのではなく、基本的には従業員の多くがマーケティングオートメーションツールを活用することになるため、操作がしやすいツールを選択するようにしましょう。

マーケティングオートメーションでできること

マーケティングオートメーションでできることの一つに、ターゲット毎にメールを配信することができる点があります。メールは闇雲に送信しても購買効果を得ることができないこともあります。例えば観葉植物に興味があるお客様に、外壁工事サービスのメールを送信しても外壁工事を求めていないためサービスを購入してくれる可能性は低くなります。マーケティングオートメーションを利用することによって、商品に興味がある見込み客に的を絞ってメールを送信することができます。

ホームページやブログなどにおいてはライティングページを生成するのが一般的になります。ライティングページを制作することによってキーワードによってはアクセスの向上を見込むことができます。同時に商品を購入してもらえる可能性が高くなります。マーケティングオートメーションのツールを使用することによってライティングページの生成などを容易に行うことができます。また、ウェブ上に公開するか下書き保存をしておくかどうかなども選択できるものもあるため、ライティングページの管理を容易にすることが可能になります。

このようにマーケティングに関することや、業務の負担を減らす機能などが豊富に搭載されているので、マーケティングオートメーションで得られるさまざまな効果を期待することができます。

マーケティングオートメーションについて

自社のマーケティングにマーケティングオートメーションの導入を検討しているという企業も多くいるでしょう。マーケティングオートメーションができるツールは数多く販売されているので、幅広い企業が取り入れることができるマーケティング方法になります。マーケティングオートメーションを活用することは、場合によって企業の売上向上につながります。

例えばマーケティングオートメーションツールを活用すれば見込み客の行動を監視することができます。見込み客がホームページのどのページを閲覧していたのかや、検索から流入したのか直接URLからアクセスしたのかなども確認することができます。ユーザーが求めているページなどを確認することができるので、必要に応じて該当ページを更新すると企業の利益アップに繋がることもあります。

マーケティングオートメーションツールを活用することで、メルマガで使用するテンプレートやターゲットリストなども自動で更新するよう設定することも可能です。新着商品やサービスのオプションなどが追加された時には、お客様にメルマガなどを配信している企業も多いでしょう。基本的にメルマガはお客様に快適に読んでもらうことができるようにテンプレートなどを作成しておくことが一般的です。テンプレートの制作には負担がかかることもありますが、マーケティングオートメーションツールを利用すれば業務軽減の効果も期待できます。

このように多くの利点があるマーケティングオートメーションになりますが、今回はマーケティングオートメーションでできることを紹介します。